トットちゃんちの喫茶店
 養護学校にも属さず、人目を気にして通級に通い、普通学校で過ごしている子を持つ親達はその半端な立場から誰にも相談する場所すらありません。ココに集まって井戸端しましょ!!^^
カウンター



お気に入り(〃σ▽σ〃)



最近の記事



プロフィール

チョッちゃん

Author:チョッちゃん
いらっしゃいませ~
ADHD,高機能自閉症の小5のトットの母です。

皆さんがいごごちのいいCAFEになりますよう
素敵な時間をともにすごせたらいいなっ^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ 育児ブログ・ランキング



最近のコメント



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発信と守り
 先日あるテレビ番組で御自身のお子さんの発達障害について
顔も名前も出して出演なさった方のブログにお邪魔しました。

 本も出版して、とても力になり、勇気付けられ、参考にさせていただき、ありがたい感じでした。
 が、テレビに出てからというもの、いわれのない誹謗、中傷も受けられていたようです。

 気の毒に思います。子供のために一生懸命がんばられてきたのに・・・。




 私たちのように発達障害というまだメジャーじゃない障害について
たくさんの方に理解してもらうことも必要だし、自分がしてきたこと、経験したことについて発信することによって救われる部分もあったり、
情報交換が出来ればいいと、自分も発信を続けてきました。


 が、しかし、チョッちゃんのようにまあ、いわいる波乱万丈な人生を送ってきたもんのブログって、地元で見る人が見ればわかっちゃうかな。

 今、市で発達障害の親の会を発足したいと感じております。
がしかし、普通学校に通ってカミングアウトをしていないトットに対して例えば代表や役員となって名前を連ねた時にいわれのない差別を受けるとも考えました。

 知ってもらうことは大切だけど、それがすべてプラスに動くのかといえば今はその答えを出すことができません。

 ということで今まで長い間ブログを書いておりましたが
リセットして新しい名前でスタートすることを決めました。

 初めからこのブログにいらっしゃった方、訳がわからないと思いますが、以前のブログからお世話になっている方、そうゆうわけで名前も変わってしまい、紛らわしいかと思いますがご理解くださいますようお願いします。

 また、うっかりして前の名前を使っちゃったりしたときは
教えてくださいね。(*^_^*)

スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

目標はさかなくんみたいなファーブル君
 昨日の記事の中で誤解があってはいけないので・・。
さかなくんがなんらかの障害をもっているのかそれは私は存じ上げておりません・・・。


が、強烈な個性をもっておられることはみなさんも感じられるのではないでしょうか。
 しかし、それは個性であってそれ以上に人並みはずれた能力を持っておられ、現実にそれで活動をされています。

 


 ウチのトットはADHDや高機能自閉症と診断が下ったわけですが、
今となってはそんなものは親の「覚悟」へのパスポートにすぎず、
トットはトットであり、この障害がなければトットでなくなり、
私の息子でもありません。

 すべてをひっくるめてトットなのです。

 そりゃぁ、診断をはっきり聞くまでは本当に悩みましたし、聞いた途端号泣でしたよ。でも大事なのは診断ではなくてそのあとのことだと
こうゆうブログを書きながら自分に言い聞かせております。


 診断て腹を据えるために必要なことですが、それ以降の障害名っていつまでも意識しないでいいのかな・・。


 ですのであえて、いちいち、ウチの子は
「ADHDと高機能自閉症なんです」なんていわずに


「とにかく個性の強い子です。」と自己紹介するようにしました。

 私の中でさかな君は「超個性の強い人」であり、
黒柳さんも、長嶋茂雄さんも、ルー大柴だって西村知美さん
ガクトやKABAちゃんだって
「個性の強い人」「不思議ちゃん」の仲間だと思っています。

 どうですか?こう説明するとこの境界線ってあいまいですよね。

それでもそれなりに「ちょっと変わっている」とか「自分にはないものを持っている」という認識の中、それがその人だからで済んじゃうんではないかなと思うのです。





 その人なりに周りを納得させる何かがあったり、そして更にそれがさかな君のように飛びぬけていればそれで職業として生かされるわけだし、トットをそうやってのばして、この面では絶対に勝てないと一目置かれる何かを作ってあげたいと思っています。


 数字の表計算で



問題




 こんな問題に


解き方



 このように順番をつけた(数の少ない順番)上の自分で書いた順番どおりに答えの数字が増えていく独自の法則を見つけ、ものすごい速さで解いちゃたのもすごいと思うし、



 立方体を書くのに






六角形?





 まず六角形から書いてという思考はチョッちゃんにはないから
これって何らかの才能と信じてみようと思います。

 だったら何?ッて感じなんだけど今は昆虫の知識、がんばれ!!













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。